• ホーム
  • 中古ドメインは更新を忘れないようにしましょう

中古ドメインは更新を忘れないようにしましょう

パソコン

ドメインというのはインターネット上にあるコンピューターを特定するために使用される住所みたいなものです。
インターネット上にはIPアドレスというものが存在しているのですが、ドメインとIPアドレスを紐付けて特定のコンピューターへアクセスしやすいようにする役目をもっているのです。
またIPアドレスでは数字でわかりにくいですが、ドメインであればわかりやすく見せることができるようになります。

このようなドメインには決まりがあり、国別や分野別にドットで区切られているのです。
例えば「.com」は商業組織を表し、「.net」はネットワーク用、「.jp」は日本を表すなどそれぞれ管理されています。
これからホームページを出したいなどドメインを取得する必要があります。
ドメインは誰でも取得することができますが、サイトの運営方法によって新規ドメインがよいか中古ドメインがよいか検討が必要になります。

新規ドメインはこれまでなかったドメイン名を新しく登録をして行うという方法です。
自分の名前を付けるということもできますが、同じ名前がインターネット上にあれば登録はできません。

中古ドメインは一度利用されたドメインが更新の期限が切れてしまったものということになります。
更新切れになったドメインを中古ドメインとして取得して利用できるのです。
この場合はこれまでのリンクやページランクなどを引き継ぐことになります。
新規ドメインではすぐに検索エンジンの上位になることは難しいですが、中古ドメインはSEOなど考えている場合はメリットがあることにもなります。
ドメインは取得してから1年間で更新を行わなければなりません。
せっかく取得したドメインを有効に利用するためには更新を忘れないようすることが大切です。